9月中間決算、7割が予想上回る=通期見通しは慎重

2009年9月中間決算発表が中盤を迎えている。時事通信社が集計したところ、開示を終えた企業の70%が連結経常損益で従来予想を上回った。国内外の景気対策の効果で液晶テレビや自動車などの需要が回復したほか、各社がコスト削減に努力した効果が大きい。一方、10年3月期(通期)予想は、景気の二番底が懸念されるなど先行きに慎重な見方が強く、上方修正する企業は3割強にとどまった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

-|西田ひかるが第2子男児を米国で出産 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます